MENU

 27歳の人妻カナさんとメッセージの交換はとっても順調に進みました。
彼女も、性的な部分での不満を抱えていると言うことからも、決して落とすのには難しい存在ではなかったと思います。
なんといっても女性経験が無い自分ととても楽しくやり取りをしてくれましたし、かなり突っ込んだ話までするようになっていたからでした。
相手が人妻という事でより気楽な気分で、下ネタなどを話していく事も出来、とてもドキドキするような経験をしていきました。
たまたま旦那さんが出張という事になったことから、夜時間が取れると言い出したのです。
これは完全に誘っているに違いないと思いました。
消極的な自分だけれど、テキストだけの世界だから思い切って彼女を誘ってみる文言を言ってみたのです。
「良かったら一緒にちょっと楽しんだりしてみませんか?」
「ちょっとだけよりも、いっぱいの方がいいんだけどね(笑)」
彼女のこのセリフが決定的なものとなっていきました。
自分はすっかりと彼女と初めての経験をする、そんな気持ちになっていったのでした。
「初めての経験なんだけど、カナさんで味わってみたいですよ」
「初めてを貰えちゃうんだ、嬉しいかもしれない!」
話もとても順調に進み、本当にアポを取ることが出来てしまったのでした。
意外にもあっさりと待ち合わせの約束、仕事が終わってから彼女と会うことになったのです。
実際に彼女が目の前に現れるかどうかは分らなかったけれど、それでもかなりの期待感を持って待ち合わせ場所になった駅前に向かったのです。

そして無事に、人妻と会うことが出来てしまいました。
しかも少し立ち話をしただけで、すぐにホテルに向かうことになったのです。
何から何まで初めての経験、ただひたすら緊張をしてしまいましたけれど、ここまできたらと度胸を決めて、彼女の肉体を触っていきました。
初めての女性の身体の気持ちよさ美しさに、ペニスが完全にビンビンになってしまって、たくさん気持ちよくなることが出来たのでした。
フェラチオも凄くいっぱいしてくれるし、彼女の濡れた陰壺に挿れ無事に卒業を迎えることが出来てしまいました。
彼女のエロい喘ぎ声を聞きながら、必死で肉穴の中でペニスを気持ちよくしていったのでした。

 

定番出会いアプリ登録無料
出会いアプリランキング
童貞を卒業と次々にセフレを作り出せたアプリ